■ポケットwifiで完全無制限は存在しない?携帯会社の7G、1Gの速度制限について

 

・ ポケットWiFiは全て速度制限がかかってしまう?
・ 固定回線のように制限無しで使えるモバイル回線はない?

 

 

現在会社の寮に住んでいる男性です。
寮内には娯楽室があり、そちらでインターネットに接続しているパソコンがあります。

 

 

でも個人のものではないので使いにくく、それに通信速度もかなり遅く感じました。
そこで自分の部屋に光回線をひこうと思ったのですが・・・

 

 

会社の寮に専用回線を引くことは難しく、何より光回線のサービスエリアに
入っていませんでした。

 

 

そこで色々と調べてみたのですが、回線工事の要らないポケットWiFiという回線が
あることを知りました。

 

 

無線LANを使ってインターネット接続をするので回線工事が必要なく、エリア内なら
室内でも問題なく使えるということのようです。

 

 

でも調べていると7Gの壁や1GBの速度制限など利用できる容量に制限があると
説明しているところを多く見かけました。

 

 

携帯電話のキャリアではユーザーの回線独占を防止するために通信量の多いユーザーに
速度制限をかけています。

 

 

その条件となっているのが月間パケット通信総量7GBと直近3日間のパケット通信総量が
1GBという条件です。

 

 

最近では各携帯キャリアの3日間の通信総量はかなり緩和されていて3GBや制限なしに
なっているようですが・・・

 

 

ポケットWiFiには制限無しで使えるものはないのでしょうか?

 

 

光回線のような使い方ができる、固定回線の代わりにポケットWiFiを使うことは
出来ないのでしょうか。

 

 

ポケットWiFiのことをもっと詳しく調べてみます。

 

 

■WIMAXが無制限と過去に言われていた理由

 

・ 以前は完全無制限で使えた回線があった?
・ 現在のWiMAX回線のサービス状況は?

 

 

調べていると以前に完全無制限で使うことが出来たポケットWiFiがありました。
それがWiMAX回線です。

 

 

現在はWiMAX2+というサービス内容ですが、この回線になる前は完全無制限の
ポケットWiFiとして注目されていました。

 

 

現在のポケットWiFiはパケット通信を行うので一人のユーザーが回線を独占すると
他のユーザーの通信速度が上がらなくなります。

 

 

その為にヘビーユーザーに対して速度制限をかけることが一般的になっています。
その制限対象となるのが月間7GB以上のパケット通信を行うユーザーです。

 

 

それに直近3日間で3GB以上の通信を行った場合にも速度制限をかけるのが
一般的でした。

 

 

この速度制限が以前のWiMAX回線には全くありませんでした。

 

 

通信が混雑する時間帯には通信速度が遅くなる時もありましたが、プロバイダから
速度の制限をされることがありません。

 

 

ただし現在のWiMAX2+ではサービス内容が変わっています。
以前のような完全無制限で利用できる回線ではないようです。

 

 

■WIMAXのギガ放題プランとは?制限時の速度は6Mbps程度

 

・ 月間通信総量の上限がないのがギガ放題プラン
・ 直近3日間で3GBの制限はある

 

 

現在のWiMAX2+のサービスでは月間パケット通信総量7GB以上の通信をすると
通信速度の制限かかかるようになっています。

 

 

通信速度が下り最速220Mbpsという高速通信が出来るサービスとなったので
完全無制限ではサービスの提供ができない状況のようです。

 

 

ただ月間パケット通信総量の上限がないプランの提供もされています。
それがギガ放題プランです。

 

 

通常プランの毎月の上限7GB以上のパケット通信を行っても速度制限がかからず
下り最速220Mbpsの回線を利用することができます。

 

 

月額料金は通常プランよりも高くなりますが、あまり上限を気にせずにネットが出来る
というメリットが有ります。

 

 

ただしギガ放題プランを選んでも直近3日間で3GBの制限はあります。
短期間に使いすぎてしまうとやはり速度制限をかけられているのです。

 

 

ただしWiMAX2+回線では速度制限を受けた時の通信速度が下り最速6Mbpsです。
これは通常インターネットを使う分にはほとんど問題なく利用できる速度です。

 

 

通常の通信速度が220Mbpsと高速なのでかなり遅く感じますが一般的には
普通に使うことが出来る通信速度とほとんど変わりません。

 

 

ギガ放題プランのWiMAX2+ならあまり速度制限を気にせずに使えるポケットWiFi
という印象になります。

 

 

■固定回線の代わりに使うならWiMAX2+?

 

・ 完全無制限ではないけど使いやすい
・ ヘビーユーザーの場合は速度制限の心配が少ない

 

 

完全無制限ではないけれどかなり制限なしに近い、という印象なのがWiMAX2+です。
ギガ放題プランを選ぶとほとんど速度制限を気にせずに使うことができます。

 

 

提供しているプロバイダも多いのでギガ放題プランを選んだ場合にもキャンペーンの
利用をすれば通常プランとそれほど変わらない料金で利用できそうです。

 

 

月間通信総量の上限がなく、通信速度制限を受けた場合にも一般的にはそれほど問題なく
インターネットが出来る速度の6Mbpsという通信速度になるだけです。

 

 

ヘビーユーザーの場合は厳しいかもしれませんが一般的にはかなり使いやすい
ポケットWiFiだと思います。

 

 

固定回線でネットゲームを頻繁に行っている、というヘビーユーザーには厳しいですが
動画をみる本数が多い程度のヘビーユーザーならこちらの回線がおすすめです。

 

 

でも月間パケット通信総量の上限がないポケットWiFiはWiMAX2+だけなのでしょうか。
他のポケットWiFiサービスも確認してみます。

 

■格安SIMで無制限?ぷららモバイルLTEが使えない理由

 

・ 通信速度制限がないのでネットは使い放題
・ 通信速度が下り最速3Mbpsとかなりの低速

 

 

他にも無制限で利用できるポケットWiFiを探してみたところ格安SIMの中には
月間パケット通信総量や直近3日間の規制がないものがありました。

 

 

その1つがぷららモバイルLTEの格安SIMです。
こちらのプランの1つには定額無制限プランがありました。

 

 

ぷららモバイルには色々なSIMカードの契約プランがあります。
スマホ用のプランなので音声対応もしている格安SIMとなっています。

 

 

動画を見る時にはスマホで、パソコンが使いたい時にはテザリングを利用すれば
かなり使いやすい料金となります。

 

 

でもぷららモバイルLTEの定額無制限プランは通信速度が下り最速3Mbpsとかなりの
低速となっていました。

 

 

当然最速で3Mbpsなので通常の通信速度は更に下がります。
混雑している状況では1Mbpsの速度も出ないような状況となるのです。

 

 

都心などの多くの人が利用している地域では通信速度が500Mbpsということも多く
あまり快適にネットが出来る状況とは言い難い使い勝手になります。

 

 

確かに完全無制限でパケット通信のことは気にしなくてもいいのですが
実際に使いやすさがそれほど良くないのがかなりのデメリットになります。

 

 

■ドコLTE無制限Pocket-WiFi「スマモバ」はもっと使えない

 

・ 端末購入が実質0円でも3年の支払
・ SIMカードに不具合がある、通信速度が遅いなどの不満が多い

 

 

更に調べてみるとドコモ回線を利用したスマモバというサービスも見つけました。
こちらも完全無制限と宣伝している格安SIMカードです。

 

 

料金プランは2種類、無制限プランは3,980円で利用できます。
ただしスマモバの場合も完全無制限ではないようです。

 

 

月間パケット通信総量の上限はないようなのですが、公式サイトを見てみると
短期間で多くのパケット通信をした場合には速度制限をかける場合もあるそうです。

 

 

実際に1日で5GB程度の通信をしたところ確かに速度制限はかかるそうです。

 

 

どれ位の通信量で制限がかかるのかわからないのでちょっと使いにくい印象です。
しかもスマモバの場合は端末購入がちょっと他のプロバイダと違っています。

 

 

通常端末を契約と同時に購入すると割引の適応で実質0円購入ができます。
割引は契約と同じ2年間でその期間で支払が終了します。

 

 

でもスマモバの場合は契約2年間で端末の支払いが3年間なのです。
つまり2年間で契約更新をしない場合は残りの端末料金の支払いが必要になります。

 

 

しかも通信速度が下り最速150Mbpsとなっていますが、実際にはかなり遅い速度での
通信しか出来ないと言われています。

 

 

サービス当初にはSIMカードの不具合があり通信速度が1Mbpsに届かないような状況が
長く続きました。

 

 

契約してからすぐにSIMカードの交換が必要など色々な面で使いにくい格安SIMという印象がついてしまったのがスマモバです。

 

 

現在も端末購入に関するトラブルは多く、通信速度もそれほど解消されていません。
完全無制限でもないのであまりおすすめできる回線ではなさそうです。

 

 

■本家ドコモのポケットwifi(モバイルルーター)は高いし無制限ではない

 

・ データ通信プランでも5,000円近く
・ パケット通信の上限を自分で選ぶので制限なしは出来ない

 

 

ドコモ回線を利用した格安SIMの無制限プランが有るなら本家ドコモでも
お得なプランが利用できるのでしょうか?

 

 

ドコモの場合は音声対応プランの他にデータ通信専用プランもあります。
でも基本的には携帯電話のサービスがメインなのであまり充実していません。

 

 

ドコモのスマホを持っている場合には2台目の端末としてモバイルルーターを
基本料金1,900円で利用することもできます。

 

 

でもその場合はパケット通信量をスマホと分け合うことになるので結局使える容量は
変わらないという状態です。

 

 

データ通信プランを選んだ場合にも利用できる月間パケット通信総量を自分で選んで
契約するので無制限にすることが出来ません。

 

 

ドコモでスマホを契約しながら更にポケットWiFiの契約をするのはあまり現実的では
ないと思うようなプランでした。

 

 

■ポケットWiFi専用のプランを提供しているところを確認してみる

 

・ 結局はポケットWiFi専用プランのほうが安い?
・ LTEを使ったポケットWiFiは安くなる?

 

 

格安SIMや大手通信キャリアのプランを見てみると制限が厳しい、通信速度が遅い
月額料金が高いなどのデメリットのほうが大きく見えてきました。

 

 

これを考えるとやはりWiMAX2+のようなポケットWiFi専用プランを提供している
キャリアを使うほうが便利に感じます。

 

 

そこでWiMAX2+の他にポケットWiFiの専用プランを提供しているところを探してみると
LTEを使った回線提供をしているところを見つけることが出来ました。

 

 

こちらの場合も固定回線の代わりに利用できるようなプランが有るのでしょうか?

 

 

LTE回線のポケットWiFiを詳しく調べてみます。

 

■ヤフーのポケットwifiはどの会社の回線を使っている?

 

・ 基本的にはワイモバイルと親会社のソフトバンク回線
・ 選んだプランによっても利用回線が変わる

 

 

LTE回線を使ったポケットWiFiの中でも月額料金のやすさが魅力なのが
ヤフーWiFiです。

 

 

選んだ端末によって利用できるプランが変わるという特徴がありますが
利用可能エリアはかなり広いというのが大きなメリットになります。

 

 

でも実際にどこの回線を使ってインターネット接続をしているのでしょうか?
実は利用できる回線がかなり多いのも特徴となっているのです。

 

 

回線提供しているのは親会社が同じワイモバイルの3Gと4G/LTE回線です。
更に親会社のソフトバンクの4G/LTE回線も利用することができます。

 

 

つまり1つのモバイルルーターで2つのキャリアの回線を使うことができるので
日本全国の広い地域でネット接続ができるようになっています。

 

 

ただし選んだ端末によっては受信できない回線があります。
元々ヤフーWiFiは利用する端末によってプランが決まっているサービスです。

 

 

そのためにプランによってはモバイルルーターが受信できない電波があるので
利用できる地域も変わるというのが特徴となっています。

 

 

それでも大手キャリアのソフトバンク回線が利用できるのは大きな魅力の1つです。

 

 

■ヤフーのポケットwifiで無制限プランは手続きが大変?

 

・ 以前のキャンペーンでは手続きが大変だった
・ 現在の無制限プランは利用できるエリアが決まっている

 

 

ではこのヤフーWiFiにも無制限プランはあるのでしょうか?
やはりこちらも完全無制限ではないのですが無制限プランを提供しています。

 

 

でもヤフーWiFiの無制限プランは手続きが大変と聞いたことがあります。
それは本当なのでしょうか?

 

 

手続きが必要だったのは以前に行われていた速度制限解除手数料無料のキャンペーンを
使った無制限サービスのことです。

 

 

2年間限定のサービスですが、速度制限がかかった時にその速度を回復させる方法として
一時的にパケット総量の上限を上げるという手続きをします。

 

 

500MBの上限アップに500円が必要でしたが、この手数料を無料にするキャンペーンを
展開していました。

 

 

つまり速度制限がかかった場合には解除の申し込みをすれば無料で速度が戻るという
キャンペーンでした。

 

 

この場合は速度制限解除のために毎回手続きをする必要がありましたが、現在では
こちらのキャンペーンは行っていません。

 

 

今の無制限は特定のモバイルルーターを使ってアドバンスドモードを利用した場合に
AXGPエリアの場合には月間通信総量の上限がなくなるというものです。

 

 

AXGPエリアは現在まだ都市部を中心に拡張されている2.5Ghzの高速通信エリアです。
中々地方都市に拡張できない、室内でつながりにくいという問題点も残っています。

 

 

利用できる地域がAXGPエリアのみ、しかもアドバンスドモードに対応している
モバイルルーターを利用した場合のみという条件付きです。

 

 

更に直近3日間で3GBという制限もあります。
当然ルーターをアドバンスドモードに設定し忘れた場合も速度制限の対象になります。

 

 

以前よりも手続きの必要がなく使えるのですが、やはり手順が面倒くさいという印象が
ヤフーWiFiの無制限サービスにはあります。

 

 

■WIMAXがあっている人、ヤフーWIFIがあっている人

 

・ 動画を多く見るならWiMAX2+
・ 地方都市で利用するならヤフーWiFi

 

 

2つのポケットWiFiを調べてみましたが、それぞれに特徴的な回線でした。
ではそれぞれの回線にあった使い方をするのはどんな人なのでしょうか?

 

 

まずWiMAX2+回線を使ったほうがいいと思われるのは動画をガンガン見るという
ヘビーユーザーです。

 

 

月間パケット通信総量の上限なしプランはどちらの回線にもありますが、WiMAX2+なら
直近3日間の速度制限にかかっても動画が安定して見られます。

 

 

料金もそれほどヤフーWiFiの無制限プランと変わらないので無制限で使いたいなら
WiMAX2+の方が断然オススメできます。

 

 

ではヤフーWiFiを使ったほうが合っているのはどんなユーザーになるのでしょうか。
全国のかなり広い地域で利用できるのが特徴のヤフーWiFiは旅行などにも最適です。

 

 

地方都市でもソフトバンク回線がかなり広く使えるようになっているのでどこでも
安心してネット接続ができます。

 

 

出張などでも利用できる地域が広いのでノートPCを持ち歩く方にはやはりおすすめを
し易いのがヤフーWiFiです。

 

 

■デメリットもあるので回線を選ぶ時には十分に注意する

 

・ WiMAX2+は都市部中心なので利用可能地域の確認をしっかり
・ ヤフーWiFiはプランによって直近3日で1GBしか使えない

 

 

それぞれに特徴的な回線なのでメリットだけではなくデメリットも把握しておきましょう。

 

 

WiMAX2+は以前は室内でかなりつながりにくいと言われていました。
現在では室内でもかなり安定していますが、利用できる地域は主要都市中心になります。

 

 

ヤフーWiFiのように地方都市の広い地域ではなかなか接続がしにくくなります。
公式サイトなどで利用可能エリアの確認はできるのできちんと見てから契約をしましょう。

 

 

ヤフーWiFiの場合は利用できる地域は確かに広いのですがこちらも選んだプランによって
利用できる回線が変わってしまいます。

 

 

LTE回線が使えないプランの場合は接続可能地域が狭くなるので注意しましょう。

 

 

それに4G回線のみのプランでは直近3日間で1GB以上の通信をすると速度制限がかかり
下り最速128Kbpsというかなりの低速に制限されてしまいます。

 

 

回線の特徴をきちんと把握して使えれば固定回線よりも快適にネットができます。

 

 

僕の場合もポケットWiFiを契約してスマホとノートPCを快適にネット接続できています。
使い方を間違えなければ十分に固定回線の代わりに利用できるのがポケットWiFiです。