ソフトバンクでも無制限のポケットWiFiを契約できる?

ソフトバンクでも無制限のポケットWiFiを契約できる?

■パケット通信量を気にすること無く使うことが出来る回線はある?

 

・ 屋外でもパケット量制限なしで使える回線はある?
・ 大手キャリアもポケットWiFiのサービスをしている?

 

 

スマホは今では手軽に利用できるネット接続端末としてとても人気があります。
多くのユーザーがいて、かなり広い地域でネットに接続できます。

 

 

スマホと同じようにタブレットPCも注目されていますが、こちらの場合は
端末だけでネット接続ができるものが少なく、屋外で使うにはちょっと大変です。

 

 

タブレットPCやノートPCを屋外で使うためにはポケットWiFiという回線が
とても便利です。

 

 

スマホと同じように電波を使ってネット接続するので色々な所で自由にネットに
接続できるようになります。

 

 

でもポケットWiFiはスマホと一緒でパケット通信になります。
その為にパケット通信総量が多くなると速度制限をかけられてしまいます。

 

 

屋外で自由にネットをしたいと思うならやはりパケット通信総量を気にせずに
無制限で使える回線がほしい所ですよね?

 

 

実際に無制限で利用できるポケットWiFiはあるのでしょうか?
またスマホの大手キャリアでもポケットWiFiのサービスをしているのでしょうか?

 

 

ポケットWiFiの色々な疑問について調べてみます。

 

 

■ソフトバンクからポケットWiFiを申し込むことが出来る?

 

・ データ通信専用プランを利用できる
・ 端末は子会社になったワイモバイルのルーターが利用可能

 

 

今回は携帯キャリアの中でも色々なキャンペーンやプランで注目されている
ソフトバンクのポケットWiFiサービスを探してみます。

 

 

調べてみるとソフトバンクのデータ通信専用プランを利用する事ができるので
本体をモバイルルーターにすればポケットWiFiとして利用できます。

 

 

ソフトバンクショップでもモバイルルーター端末の購入ができるようになっていて
端末本体は子会社となったワイモバイルの端末が購入できます。

 

 

元々タブレットPC用のプランとして提供されているデータ通信専用プランが
利用できるのでソフトバンクの回線を使ったポケットWiFiとして契約可能です。

 

 

全国のかなり広い地域で利用できるポケットWiFiをソフトバンクから申し込みを
することが出来るようになっていました。

 

 

端末の種類によって量出来るプランなどは違いますが、基本的にはソフトバンクの
4G/LTE回線が利用できるポケットWiFiとなっています。

 

 

このサービスをさらに詳しく調べてみました。

 

 

■ソフトバンクのポケットWiFiサービスの料金は?

 

・ データ通信プランなのでタブレットPCと同じ料金
・ ソフトバンクのスマホユーザーは2台目契約も可能

 

 

ソフトバンクのポケットWiFiは通常のデータ通信専用プランを利用できます。
つまりタブレットPCを契約する場合と同じです。

 

 

ただし購入するモバイルルーター本体によって対応している回線がちょっと違い
回線によって利用できるプランも変わります。

 

 

その為に購入するルーター端末によって選べるプランが変わることになります。

 

 

4G/LTEデータし放題フラットと4Gデータし放題フラット+の2種類のプランが
ありますが、どちらも月額料金は3,696円です。

 

 

利用できる回線が違うので通信速度が変わりますが月額料金はどちらも一緒です。

 

 

ただ、現在ソフトバンクのスマホを契約しているユーザーの場合はモバイルルーターを
2台目の端末として契約することもできます。

 

 

その場合は2台目端末の基本料金とプロバイダ料金、つまり1,400円+500円の
1,900円をプラスするだけでポケットWiFiが使えるようになります。

 

 

でもこの契約の場合は2台目の端末はスマホとパケット通信量を共有するので
スマホのパケット通信量の節約にはなりません。

 

 

ポケットWiFiとしての月額料金は普通、利用できる地域はソフトバンク回線なので
かなり広くなっているというのがソフトバンクのポケットWiFiです。

 

 

■ソフトバンクのポケットWiFiのデメリットは?

 

・ 定額プランのみで使い放題プランがない
・ 契約によっては速度制限の上限が厳しい

 

 

ソフトバンクのポケットWiFiを調べてみるとちょっと気になることがありました。
それがパケット通信総量の上限についてです。

 

 

データ通信専用プランの場合は月間パケット通信総量が7GBを超えると速度制限が
かけられてしまいます。

 

 

データし放題というプランの名称ですが単純に定額プランなのでパケット量には
気をつける必要があります。

 

 

しかも利用できる回線にLTEが含まれていない場合は直近3日間の速度制限の条件が
更に厳しくなります。

 

 

LTE回線が利用できる場合は3日間で3GBを超えると速度制限ですが4G回線のみの
契約では3日間で1GBを超えると速度制限がかかります。

 

 

今のソフトバンクのスマホよりも厳しい速度制限の条件となっているので
とても使いにくくなっている印象です。

 

 

ソフトバンクからの申し込みでは無制限で利用できるポケットWiFiは無理
ということがわかりました。

 

 

■格安SIMの無制限プランは使える?

 

・ 無制限で使うなら格安SIMのプランは?
・ モバイルルーターでも利用できる?

 

 

ソフトバンクで契約するポケットWiFiでは無制限でパケット通信が出来るという
プランは見つかりませんでした。

 

 

そこでソフトバンク以外の回線を使った無制限プランも探してみます。
無制限でサービスをしているのは格安SIMにあると聞いています。

 

 

格安SIMとはSIMカードのみの契約をするプランで、利用する回線もプロバイダが
レンタルをしています。

 

 

現在はソフトバンク回線をレンタルしている格安SIMはありませんが、auとドコモは
それぞれがレンタルして格安SIMを提供しています。

 

 

その格安SIMに無制限で提供しているサービスがあると聞きました。
そのサービスの内容などを詳しく確認してみます。

 

 

更にSIMカードは基本的にはスマホ用なのですがこれをモバイルルーターでも
利用できるのかを確認してみます。

 

 

■格安SIMの無制限は使いにくいものが多い!

 

・ 通信速度がかなり遅く、快適にネットが出来ない
・ 制限があるけど格安で利用できる回線があるのでお得感がない

 

 

調べてみるとぷららモバイルLTE、U-mobile、b-mobileなどから無制限のプランが
提供されているのがわかりました。

 

 

この中ではぷららモバイルLTEとU-mobileが下り最速150Mbpsという通信速度で
サービスを行っています。

 

 

ただしベストエフォートなので必ずこの速度が出る、というわけではなく実際には
どちらも3Mbps程度が限度とも言われています。

 

 

もう1つのb-mobileはほとんどの場合500Kbps程度の速度しか出ないのでほとんど
使えないという口コミも多く見かけました。

 

 

それとU-mobileは完全無制限ではなく短期間に多くのパケット通信を行うと
速度制限をかけられてしまいます。

 

 

しかもその条件をはっきりと公表していないのでいつ速度が遅くなるのかわからず
かなり使いにくいという評価が多く見られました。

 

 

月額料金も無制限プランの場合は3,000円程度の金額が多く他のプロバイダから
サービスされている制限ありプランの方がかなり安くなります。

 

 

それに基本的にSIMカードのみの契約なので自分で端末を用意する必要があります。
プロバイダによってはSIMフリー端末の同時購入も出来ますが本体価格は高めです。

 

 

モバイルルーターで利用することも出来ますが、その場合は自分で対応している
端末を確認して用意しておく必要があります。

 

 

完全無制限ではない上に速度も遅く、使いにくいという口コミ評価がとても多いので
あまりお薦めはできなさそうです。

 

 

■モバイルルーター専用サービスをしているところのプランは?

 

・ WiMAX2+ではギガ放題プランがある
・ ヤフーWiFi芋条件付きで無制限になるプランが有る

 

 

今度はモバイルルーターのプランを提供しているところを調べてみます。
WiMAX2+とヤフーWiFiの提供プランを確認してみます。

 

 

WiMAX2+は独自回線を使ったモバイルルーターを提供しています。
現在はかなり多くのプロバイダからサービスの提供が行われています。

 

 

ヤフーWiFiはワイモバイル回線とソフトバンク回線を使ったモバイルルーターの
サービスを提供しています。

 

 

わかりやすく格安プランと無制限プランの提供が行われていました。

 

 

格安プランは月額料金1,980円で利用できるポケットWiFiプランです。
無制限プランは条件がありますが月間パケット通信総量の上限がなくなるプランです。

 

 

対するWiMAX2+では通常よりも月額料金が高くなるギガ放題プランの提供がありました。
こちらも月間パケット通信総量の上限がなくなるプランです。

 

 

ヤフーWiFiの場合は対応しているルーターをAXGPエリアで使った場合のみ無制限で
利用できるというプランなのでちょっと条件が厳しくなります。

 

 

このAXGPエリアはまだ都市部中心にサービスを展開し始めたばかりです。
拡張の積極性もWiMAX2+の方が高いのでまだちょっと使いにくい印象です。

 

 

WiMAX2+の場合は月額料金が4,500円近くになりますが月間パケット通信総量の上限が
なくなるのでパケット量を気にせずにネットが出来るようになります。

 

 

しかもWiMAX2+は制限される速度が6Mbpsというそれほど遅くない速度なので
もし制限がかかったとしてもあまり気にせずにネットを楽しむことができます。

 

 

ヤフーWiFiとWiMAX2+を比べてみると契約年数がWiMAX2+が2年、ヤフーWiFiが3年
という点でもWiMAX2+の無制限プランをオススメできます。

 

 

完全無制限ではないのですが、これらの回線なら使い方によってかなり快適に
屋外でのネットが出来そうです。

 

 

■WiMAX2+が合う人、ヤフーWiFiが合う人

 

・ 動画をよく見る人、ヘビーユーザーはWiMAX2+
・ スマホとタブレットPC中心のライトユーザーならヤフーWiFi

 

 

完全無制限ではないのですがWiMAX2+とヤフーWiFiのポケットWiFiなら
通信速度やコストの関係でも十分にオススメできます。

 

 

ではどちらの回線のほうが良いのでしょうか?
これはその人の使い方によって変わってくると思います。

 

 

確実にWiMAX2+がおすすめ、という方はヘビーユーザーの方です。
動画をよく見る、スマホだけでなくノートPCもよく使う方におすすめです。

 

 

WiMAX2+のギガ放題なら月間パケット通信総量の上限がなく、制限される速度も
6Mbpsと格安SIMよりも速い速度です。

 

 

速度制限をほとんど気にせずに利用できるのはWiMAX2+です。

 

 

それ以外のユーザーにはヤフーWiFiでも十分に対応できます。
特に地方都市で利用する方にはこちらがおすすめです。

 

 

ソフトバンク回線の利用ができるのでかなり広い地域でネット接続が出来る
という大きなメリットがあります。

 

 

ライトユーザーならスマホの他に7GBのパケット通信量があれば十分に
1ヶ月ネットを楽しむことができます。

 

 

色々な状況で使えるポケットWiFiは自分の使い方をよく考えて選びましょう。