ポケットWiFiの月額料金はドコモで契約すると安くなる?

ポケットWiFiの月額料金はドコモで契約すると安くなる?

■ドコモでポケットWiFiの契約をすることは出来る?

 

・ ポケットWiFiを使ってネットをしたい時にはどこと契約するといい?
・ 大手キャリアのドコモでもポケットWiFiのサービスはある?

 

 

屋外でインターネットをする場合、最近ではスマホを利用している方も多いと思います。
手軽に出来て大手キャリアなら広い地域でネット接続できるようになっています。

 

 

手軽に使えるのですが、パソコンの大画面で動画などを見たい時にはやはり固定回線を
引くことが必要になります。

 

 

でも光回線は今でもまだ対応地域になっていないところが多く、状況によっても
回線設置ができない場合も多くあります。

 

 

そんな時にはポケットWiFiを使うこともおすすめです。

 

 

スマホのように電波を使ってネット接続するので専用回線の工事をする必要が無く
室内でも安定してネット接続ができます。

 

 

でもポケットWiFiはどこと契約するとお得になるのでしょうか?
今ではかなり多くの業者からサービスの提供が始まっているポケットWiFiです。

 

 

それぞれのサービスの特徴の違いなどでお得になる場合もあるのでしょうか。

 

 

まずはどんな所でサービスを行っているのかを確認してみます。
大手キャリアの1つ、ドコモでもポケットWiFiのサービスはあるのでしょうか。

 

 

■ドコモのポケットWiFiサービスはどんな感じ?

 

・ ドコモのスマホユーザーなら使いやすい
・ 単体で契約すると月額料金が高い

 

 

実際にドコモが行っているポケットWiFiのサービスを確認してみました。
確かにドコモでもポケットWiFiのサービスを提供しています。

 

 

でも基本的にはドコモのスマホユーザーに向けたサービスというイメージが強く
ポケットWiFi単体で契約する場合は月額料金が高く感じます。

 

 

モバイルルーターとして商品のラインナップがあるのでドコモで端末本体を
購入することができます。

 

 

本体の購入にはスマホ端末と同様に月々割が利用できるので実質0円での購入も
出来るようになります。

 

 

でも契約プランはスマホのデータ通信専用プランになるので定額プランや
パケット通信料金が他のキャリアよりも高額になります。

 

 

現在ドコモユーザーでスマホを使っているならスマホとパケット残量を分け合える
2台目プランを利用することができます。

 

 

こちらの場合はスマホの利用料金に月額1,900円をプラスするだけでポケットWiFiを
利用できるようになります。

 

 

でもドコモユーザーではない、スマホを使っていないという場合にはデータ通信専用の
プランを新しく契約する必要があります。

 

 

基本料金にプロバイダ料金、パケットプランを合計すると月額5,000円以上になります。
パケットプランを低い容量にすれば安くなりますが当然ネット接続出来る量も減ります。

 

 

ポケットWiFiとしては使いにくい印象となっていました。

 

 

■スマモバのメリット・デメリット

 

・ ドコモ回線を使ったポケットWiFiサービスが他の会社からされている?
・ スマモバのメリットとデメリットは?

 

 

ドコモのポケットWiFiを探しているとサードパーティからサービス提供されている
ポケットWiFiを見つけることが出来ました。

 

 

それがスマモバというポケットWiFiです。
こちらはドコモ回線を使ったポケットWiFiサービスです。

 

 

ただしサービス提供をしているのはドコモではなく別の会社です。
つまりドコモ回線を使ったポケットWiFiサービスとなっています。

 

 

ドコモ回線を使っているので利用できる地域がとても広いというメリットが有ります。
それにドコモで契約するよりも月額料金がお得になっています。

 

 

その一方で無制限と宣伝していますが完全無制限ではなく短期間で大量の通信をすると
速度制限をかけられてしまいます。

 

 

しかもその制限をかける条件を公表していないのでユーザーはどのタイミングで
速度制限がかかるのかが分かりません。

 

 

ドコモ回線を使っていてかなり広い地域で利用できるというメリットと
完全無制限ではなく速度制限がわかりにくいというデメリットがありました。

 

 

それと端末代金の割引が契約年数2年間より長い3年間になっています。
その為に2年間で解約をすると残りの端末料金の支払が必要です。

 

 

こちらもちょっと不親切に感じました。

 

 

■ドコモのポケットWiFiを使うメリットは有る?

 

・ ネット接続できるエリアはかなり広い
・ ドコモのスマホユーザーなら使いやすい

 

 

使いにくい印象のあるドコモのポケットWiFiですがメリットは有るのでしょうか?
やはり業界大手キャリアの接続可能エリアを使えるのは大きなメリットです。

 

 

ドコモは全国かなりの地域でつなぐことが出来るXi回線を持っています。
当然ドコモのポケットWiFiはこのXi回線を使うことができます。

 

 

首都圏はもちろん地方中心都市や地方の小さな地域までとても広い地域で接続が
できるので旅行や出張でも安心してネット接続が可能です。

 

 

それに上にも書いていますがドコモのスマホユーザーなら月額料金は1,900円のプラスで
ポケットWiFiの利用ができます。

 

 

元々それほどスマホのパケット通信をしていないなら2GBの契約でも容量は余る場合も
多いと思います。

 

 

その分を次の月に繰り越すのではなくタブレットPCなどで使うことが出来るので
自宅で大きな画面で動画を楽しむなども出来るようになります。

 

 

ただしヘビーユーザーの場合はちょっと厳しそうです。

 

 

■ドコモ以外のポケットWiFiサービスはどれ位の料金で利用できる?

 

・ 月額料金が高くなるドコモよりも安い?
・ 利用できる地域はどれ位広い?

 

 

ドコモ回線はその利用可能地域の広さがとても大きなメリットになります。
でもその反面月額料金が高くなるというデメリットも有りました。

 

 

では他のポケットWiFiのサービスはドコモよりも安くなるのでしょうか?
今度は携帯キャリアではないポケットWiFiのサービスを確認してみます。

 

 

現在ポケットWiFiの回線はLTEとWiMAX2+が主流となっています。
それぞれに多くのプロバイダからサービスの提供がされています。

 

 

LTE回線はスマホキャリアでも取り扱っていますが、今回は月額料金が安い
Yahoo! Wi-Fiを調べてみました。

 

 

WiMAX2+回線は提供しているプロバイダによって月額料金が違いますが
回線の基本的な性能はどこのプロバイダでも一緒です。

 

 

そこでまずはYahoo! Wi-Fiが提供している回線の種類などを確認してみます。

 

 

一緒に月額料金は利用できる地域なども調べてみましょう。

 

 

■Yahoo! Wi-FiのポケットWiFiサービスのメリットとデメリット

 

・ 利用できる回線が豊富にあるのが特徴
・ 無制限で利用できる条件が厳しい

 

 

Yahoo! Wi-Fiでは主にワイモバイルの4G/LTE回線とソフトバンクの4G/LTE回線を
利用する事ができるようになっています。

 

 

ワイモバイルは元のイーモバイル回線と親会社となったソフトバンクの回線を両方
利用できるようになったというメリットが有ります。

 

 

その回線を使ったサービスを提供しているのがYahoo! Wi-Fiです。
特にソフトバンク回線がとても広い地域で利用できるのでかなり使いやすくなりました。

 

 

ただし利用できる回線は実は契約によって多少変わってしまいます。
回線が多い分だけルーターが対応していないこともあるのです。

 

 

Yahoo! Wi-Fiではプランによって利用できるルーターも決まっています。
その為に料金の安いプランの場合はLTE回線が使えないルーターでの契約となります。

 

 

それに無制限のプランも完全無制限ではなく、月間パケット通信総量上限なしになります。
しかもその条件はかなり厳しくなっています。

 

 

AXGPエリアでアドバンスドモードに対応したルーターを使って接続した場合にのみ
月間パケット通信総量の上限がなくなります。

 

 

これ以外でネット接続していれば月間7GB以上のパケット通信をすると速度制限が
かかるようになります。

 

 

広い地域で利用できるメリットが有りますが、多くの場所ではパケット通信総量を
気にする必要があるというデメリットがあります。

 

 

■WiMAX2+回線のメリットとデメリット

 

・ パケット通信総量はあまり気にならない
・ 利用可能地域の確認は必須

 

 

もう1つのポケットWiFiのWiMAX2+についても確認してみます。
こちらは独自の専用回線を使っているポケットWiFiサービスとなっています。

 

 

メリットとしてはギガ放題プランの提供があり、月間パケット通信総量の上限を気にせず
インターネットができるようになっています。

 

 

直近3日間で3GB以上通信をすると速度制限がかかるために完全無制限ではありませんが
速度制限がかかってもそれなりの速度が出るので通常使う分には問題ありません。

 

 

つまりパケット通信総量をほとんど気にせずに使うことが出来るというのはかなり大きな
メリットとなっています。

 

 

ただし他のポケットWiFiサービスと比べると月額料金がちょっと高めになります。
プロバイダによって料金が変わりますが大体4,500円程度は必要になります。

 

 

月額料金に関してはドコモのポケットWiFiとそれほど変わらない金額になります。
でもこちらは月間パケット通信総量の上限がありません。

 

 

それとWiMAX2+は主要都市を中心にまだサービス可能エリアを拡大している最中で
地方都市では接続できない地域があることも大きなデメリットです。

 

 

以前は室内でも接続が不安定になると言われていましたが、現在では室内でも
安定して接続可能です。

 

 

ただしまだ地方都市のすみずみまで電波が届くという訳ではないので対応している地域の
確認は必ず行うようにしましょう。

 

 

■自分の使い方に合わせてポケットWiFiを選ぶ

 

・ 使い方によっては固定回線よりもお得で使いやすい
・ 光回線が対応していない地域でも利用できる

 

 

ポケットWiFiの回線を調べてみましたが、確かに固定回線と比べるとパケット通信量の
制限などがあり使いにくい印象があります。

 

 

でも自分の使い方に合わせて回線を選ぶと固定回線よりも使いやすくなるのです。

 

 

スマホで動画を多く見ている方はスマホのパケット量を気にしますよね?
ここでWiMAX2+を使えばほとんど気にせずいつでも動画を楽しめます。

 

 

WiMAX2+は速度制限がかかっても6Mbpsの通信速度が出るので動画を見るのに
ほとんど問題ありません。

 

 

動画をあまりみない方なら月額料金が安いYahoo! Wi-Fiがおすすめです。
月間7GBの上限がありますが月額料金1,980円で利用することができます。

 

 

光回線の場合はマンションタイプでも3,000円くらいの月額料金が必要なので
かなりお得にネットが出来るようになります。

 

 

それにポケットWiFiなら光回線に対応していない地域でもネットができる可能性が
とても高いです。

 

 

マンションで特定の光回線以外契約ができない、光回線の対応エリアに含まれていない
という場合にもポケットWiFiなら使うことができます。

 

 

それに私のように会社の寮に入っているので回線工事が必要な光回線の契約が出来ない
という方にもおすすめです。

 

 

どんな状況でも使いやすいので、使い方をきちんと考えれば十分に固定回線の
代わりにポケットWiFiを使うことが出来そうです。