使っている人から苦情が出る?ぷららモバイルLTEのデメリットとは?

使っている人から苦情が出る?ぷららモバイルLTEのデメリットとは?

■格安SIMを使って家庭用回線の代わりって出来る?

 

・ 無制限に利用できる格安SIMなら家庭用回線の代わりになる?
・ ぷららモバイルLTEの無制限プランの口コミは?

 

 

賃貸住宅など壁に孔を開けることが出来ない、傷つけることも出来ないという場合
固定回線を引くことが難しい場合もありますよね?

 

 

光回線やケーブルテレビ回線は専用回線を自宅まで引きこむことが必要なので
立地条件によっては利用することができません。

 

 

そこで専用ケーブルを使わない方法を利用する事ができないか、考えてみました。

 

 

思いついたのは格安SIMを使ったテザリングという方法です。
スマホをモバイルルーターの代わりに使ってネット接続させる方法です。

 

 

家庭用回線の代わりに利用するために月間パケット通信総量が無制限のプランを
提供している格安SIMを探してみました。

 

 

そこで見つけたのがぷららモバイルLTEの無制限プランです。

 

 

これを使って固定回線の代わりに利用できるのかを調べてみます。

 

 

■ぷららモバイルLTEの無制限プランとは?

 

・ 月間パケット通信総量のような制限のないプラン
・ 回線速度などの特徴を確認

 

 

ぷららモバイルLTEでは様々なプランの提供を行っています。
大容量プランなどもありますが今回はその中でも無制限プランを確認してみます。

 

 

無制限プランとはその名前のとおりに月間パケット通信総量や直近3日間の
パケット量に関する制限の無いプランのことです。

 

 

つまりどれだけ使っても速度制限を受けることがなく、変わらない通信速度で
ネットに接続することができるようになっています。

 

 

ただしこちらのプランの場合は通信速度が下り最高3Mbpsとなっています。

 

 

制限のあるプランでは下り最高150Mbpsという高速通信も可能ですが無世間プランは
最高でも3Mbpsとなっています。

 

 

つまり通信速度はかなり遅く、利用する地域によってはほとんどまともにネット接続が
出来ないという状況にもなるそうです。

 

 

確かに無制限で利用できる格安SIMならかなり便利に思えますが通信速度が遅いのは
ちょっと問題ありそうです。

 

 

ぷららモバイルLTEの無制限プランのデメリットを詳しく見てみます。

 

 

■ぷららモバイルLTEのデメリットはどんなところ?

 

・ 混雑時の通信速度がかなり低下する
・ 解約時にSIMカードの返却が必要

 

 

確かに速度制限を気にせずにネット接続が出来るのは大きな魅力ですが
その一方で多くの方が不満に思っているのが通信速度でした。

 

 

一般的にインターネットを快適にするためには4Mbps程度の速度で十分と
言われています。

 

 

ぷららモバイルLTEの無制限プランでも最高3Mbps出るのですから、その速度が
通常でているなら何の苦情もでないはず。

 

 

でも実際には通信している地域やその周囲の状況で通信速度は変わります。

 

 

混雑時には平均して下り速度が0.5Mbps以下になってしまうのは流石に苦情も
言いたくなる気持ちもわかります・・・

 

 

それと制限なしプランでは契約の縛りもないのでいつ解約しても違約金が
必要ありませんが、SIMカードの返却が必要になります。

 

 

返却するための郵送料は当然ユーザー負担、しかも返却しない場合には
3,240円の請求がかかります。

 

 

いつでも最高速度が出せる状況なら確かに使いやすいと思いますが、現状では
それもかなり難しいと思います。

 

 

しかも格安SIMを利用する端末も自分で用意する必要があるので実はかなり
初期コストが必要になる方法となってしまいます。

 

 

■格安SIMを使ってのテザリングは固定回線の代わりは難しい?

 

・ テザリングをする端末にかかる負担が大きい
・ ぷららモバイルLTEの場合はセット購入できる端末がお得ではない

 

 

パケット総量無制限の格安SIMを使ってのテザリングなら確かに固定回線のような
使い方ができそうですが、現状ではかなり難しいようです。

 

 

まずテザリングをする本体にかかる負担がかなり大きく、スマホの寿命を短くする
というかなり大きなデメリットが有ります。

 

 

ネットと端末の両方にWi-Fi接続を長時間続けることはスマホのバッテリーを
大きく消費させます。

 

 

モバイルルーターのようにそのために作られた端末ではないのでスマホの寿命を大きく
減らすことになります。

 

 

更にぷららモバイルLTEで購入できるセットの端末はあまりお得になっていません。
性能的にも値段的にも中古のスマホのほうがオトクな場合もあるほどです。

 

 

ぷららモバイルLTEの無制限プランは動画を見る場合はかなり快適なプランと
注目されています。

 

 

動画の画質を下げれば1Mbps程度の通信速度でもかなり快適に見ることができます。
しかもパケット通信総量無制限なのでパケット量を気にせずに見ることができます。

 

 

ぷららモバイルLTEの無制限プランでは固定回線の代わりに利用することは
ちょっと難しいのがわかりました。

 

 

そこで他の通信回線の利用方法を考えてみます。

 

 

■ぷららモバイルLTEと同じドコモ回線を使うスマモバは?

 

・ 無制限プランの提供がある
・ 完全無制限ではないので注意が必要

 

 

ぷららモバイルLTEと同じようにドコモ回線を使ったサービスを提供しているのが
スマモバです。

 

 

こちらでは格安SIMだけではなくモバイルルーターのサービスも提供しています。

 

 

スマホをモバイルルーターの代わりに利用するのではなく、最初からモバイルルーターの
サービスをドコモ回線で提供しているというわけです。

 

 

こちらなら端末に掛かる負担も少ないので固定回線の代わりに利用する事が
出来るのでしょうか?

 

 

サービス内容を見ると確かに月間パケット通信総量は無制限とあります。
ただし短期間に多くの通信を摺る場合は速度制限をかけることがある、途ありました。

 

 

これはP2Pを使ったファイル交換ソフトの利用を防ぐための措置とありますが
実際にはファイル交換ソフト以外の使い方でも通信速度制限がかかります。

 

 

つまり完全無制限ではなく、速度制限を受ける可能性があるのです。

 

 

しかもその制限がかかる条件、解除される条件をハッキリと公表していません。
いつかかっていつ解除されるのかがわからない状態で利用することになります。

 

 

当然通信量の大きなパソコンで利用すれば簡単に速度制限がかかる可能性もあり
ちょっと使いにくい印象となっています。

 

 

■モバイルルーターを使ったほうが固定回線の代わりに使いやすい?

 

・ テザリングよりも端末への負担が少ない
・ 利用できる地域を確認すれば使いやすい?

 

 

スマモバのようにモバイルルーターを利用したほうが固定回線の代わりに利用するなら
使いやすい事がわかりました。

 

 

そこでスマモバやぷららモバイルLTEよりも高速通信が出来るモバイル通信サービスを
改めて確認してみたいと思います。

 

 

スマホなどの端末を使うよりもモバイルルーターを使ったほうが端末への負担が少なく
バッテリーの利用可能時間も大きくなります。

 

 

そこで今度はモバイル通信サービスを確認してみましょう。

 

 

提供している業者によって利用できる地域の広さなども変わるのでしっかりと確認が
必要になりますが、全国的にも広い地域で利用できるはずです。

 

 

まずは無制限プランの提供をしているモバイル通信サービスを確認します。

 

 

■WiMAX2+のギガ放題プランは使いやすい?

 

・ 月間パケット通信総量無制限のプラン
・ 速度制限がかかっても使いやすいのが魅力

 

 

WiMAX2+回線は多くのプロバイダから提供されているモバイル通信サービスです。
こちらではギ放題プランというサービスが提供されています。

 

 

ギガ放題では月間パケット通信総量が無制限になっています。
つまりスマホにあるような月7GBの制限が無いのです。

 

 

どれだけ動画を見ても速度制限がかからない、というわけではなく直近3日間で
3GB以上の通信をすると速度制限がかかってしまいます。

 

 

完全無制限ではないのでやはり固定回線の代わりに使うには厳しそうですが
WiMAX2+回線の大きな魅力はここにあります。

 

 

通常は速度制限がかかると下り最速128Kbpsくらいまで速度が下がりますが
WiMAX2+の場合は下り最速6Mbpsという速度になります。

 

 

つまりぷららモバイルLTEの通常速度よりもWiMAX2+の制限速度のほうが
回線速度自体は速いのです。

 

 

速度制限がかけられている状態でも快適にネット接続が出来るのであまり気にせず
ネットを楽しむことが出来るのが大きな魅力の回線です。

 

 

ただし利用料金がそれなりに高く、キャンペーン期間中でも3,800円位の月額料金が
必要となってしまいます。

 

 

キャペーンが終われば月額4,300円位の料金となるのでほとんど固定回線と料金が
変わらなくなってしまいます。

 

 

プロバイダによって多少料金が変わるのできちんと選ぶことが必要になりそうです。

 

 

■Yahoo! Wi-Fiは固定回線の代わりになる?

 

・ 無制限プランは使いにくい
・ 最安値クラスプランが使いやすい

 

 

料金プランが使いやすい回線としてはワイモバイルがあります。
中でもYahoo! Wi-Fiでは業界最安値プランの提供があります。

 

 

Yahoo! Wi-FiではWiMAX2+と同じように無制限プランを提供していますが
WiMAX2+とは違って使いにくいので注意が必要です。

 

 

Yahoo! Wi-Fiの無制限プランはかなり限定された地域でのみ利用できます。
その為にあまりおすすめできる回線ではなくなってしまいます。

 

 

一方の業界最安値クラスのプランでは月額2,480円というかなりお得な金額で
モバイルルーターを持つことができます。

 

 

利用できる地域はワイモバイルとソフトバンク回線が届く地域なのでかなりの
広い地域が対象となります。

 

 

ただし無制限ではないのでパケット通信総量には注意が必要です。

 

 

固定回線の代わり、というよりもスマホなどのサブ回線として利用するほうが
使いやすいと思います。

 

 

部屋の工事をせずにインターネット回線を使うならモバイル通信を利用する事が
オススメできます。

関連ページ

WiMAX2+とぷららモバイルLTEを比較するとどっちがおすすめ?
無制限で使えると評判のぷららモバイルLTEは使いやすい?
実測されるスピードはどれ位?ぷららモバイルLTEの定額無制限プランの実力
格安SIMは通信速度がでない?ぷららモバイルLTEの通信速度は?
支払い方法によって申し込み方が違う?ぷららモバイルLTEの場合は?
固定回線の代わりにぷららモバイルLTEの無制限プランを使える?
ニコ生などの配信動画をみるのにぷららモバイルLTEは使える?
無制限プランが使えるぷららモバイルLTE、固定回線の代わりになる?
遅いと言われているぷららモバイルLTEの無制限プランの通信速度とは?
無制限プランのぷららモバイルLTEを使ってテザリングをする方法は?
Youtube再生はぷららモバイルLTEの無制限プランで快適にできる?
大手掲示板サイト2chでのぷららモバイルLTEの無制限プランの評判は?
夜の通信速度、ぷららモバイルLTEはどれ位変わる?
楽天モバイルとぷららモバイルLTEの定額無制限プランはどっちがオススメ?
モバイルルーターにぷららモバイルLTEの定額無制限プランのSIMは使える?
銀行引き落としでぷららモバイルLTEの両料金の支払が出来る?
自宅回線の代わりにぷららモバイルLTEの無制限プランを利用できる?
口座振替でぷららモバイルLTEに申し込みをする方法は?
口コミで多く見かける欠点がある?ぷららモバイルLTEの無制限プランとは?
格安SIMの使いやすさを徹底検証、ぷららモバイルLTEは快適?
クレカ無しの人でもぷららモバイルLTEの格安SIM契約はできる?
お得に利用できるキャッシュバック特典、ぷららモバイルLTEでも利用できる?
ネットなどの口コミ評価でみるぷららモバイルLTEの評判は?
キャンペーンコードを使ってぷららモバイルLTEに申し込むとお得になる?
人気ブラウザゲームの艦これをプレイするのにぷららモバイルLTEは使える?
遅すぎると言われるぷららモバイルLTEの通信速度って?
二段階定額プランでぷららモバイルLTEの契約をするとスマホが安く使える?
動画を見るのにぷららモバイルLTEの定額無制限プランは使える?