二段階定額プランでぷららモバイルLTEの契約をするとスマホが安く使える?

二段階定額プランでぷららモバイルLTEの契約をするとスマホが安く使える?

■二段階定額プランでも上限なしのぷららモバイルLTEはお得?

 

・ ぷららモバイルLTEの二段階定額プランの特徴とは?
・ お得に屋外でもネットが出来る回線?

 

 

スマホを使っていると気になるのがパケット通信総量と通信料金です。
安くて使いやすい回線でどこでもインターネットを楽しみたいと思っています。

 

 

でもキャリアの提供するプランでは月額料金や月間パケット通信総量にどうしても
不満が残ってしまいます。

 

 

そこで別の通信回線を使って屋外でもインターネットをする方法をかんがえてみます。

 

 

まずは利用しているSIMカードを交換して格安SIMを使ってみる場合。
ドコモのMVNOならドコモ端末をそのまま利用することができます。

 

 

気になっているのはぷららモバイルLTEが提供している二段階定額プランです。
これなら月額料金も安くすることが出来るのでしょうか?

 

 

ぷららモバイルLTEの二段階定額プランでは月間パケット通信総量の上限がなく
無制限で使えるという話も聞きます。

 

 

まずはこちらのサービスを詳しく確認してみます。

 

 

■ぷららモバイルLTEの二段階定額プランのサービス内容

 

・ 月額料金390円から利用できる格安SIM
・ 月間のデータ通信総量上限はなし

 

 

月額料金の安さが魅力のプランが二段階定額プランです。
データ通信専用プランなら月額390円から利用することができます。

 

 

SMSを付けることが出来て、その場合は月額料金に162円が加算されます。

 

 

二段階定額なので一定容量の通信をすると料金が変わります。
それが30MB以上の通信をした場合で、料金は2,550円になります。

 

 

30MB以上のパケット通信をすれば料金が変わり、それ以降は月間パケット通信の
上限はありません。

 

 

料金も2,550円以上に上がることはありません。

 

 

サービス内容を確認してみるとそれなりに魅力的なプランに感じます。
でも流石に安くて上限なしというだけのプランではなさそうです。

 

 

そこで実際に利用している方の口コミなども集めてみて、ぷららモバイルLTEの
二段階定額プランのデメリットや使いにくい所も確認してみます。

 

 

■二段階定額プランのデメリットとは?

 

・ 30MBのパケット通信はかなり簡単に超えてしまう
・ 1日100MB以上の通信をすると速度制限がかかる

 

 

まず料金について、30MBまでは390円というかなりやすい金額ですが30MBの通信量は
かなり簡単にオーバーする容量です。

 

 

普段屋外でパケット通信をする人なら1日1MB以上の通信はどんな状況でも行います。
メールチェックを毎日するだけでも数MB必要です。

 

 

つまり日常使う人はまず390円の料金では利用できないということです。

 

 

しかも月間パケット通信総量の上限はありませんが1日の利用量には制限があります。
100MB以上のパケット通信をすると通信速度が200Kbpsに制限されてしまいます。

 

 

1日100MBは動画を見てしまえば簡単に達する数値です。
普通にブラウジングをしていても写真の多いページを見続ければ危険な値でもあります。

 

 

月間パケット通信総量の上限はないのですが、それほど多くのパケット通信が出来ない
というのが現状のようです。

 

 

それと二段階定額プランから定額無制限プランに変更することが出来ないのも
デメリットと考える人が多くいました。

 

 

プラン変更をする場合は一度解約して契約をし直す、という手順が必要です。
解約違約金などがないので手間がかかるだけですが、たしかに面倒くさいです。

 

 

■ヘビーユーザーには使いにくい二段階定額プラン

 

・ 速度制限がかかる条件はとても厳しい
・ 二段階なので料金の差が激しい

 

 

実際に利用している人の口コミを見ても携帯2台持ちなどでほとんどスマホを使わない
という方には料金も安く使いやすいようです。

 

 

最近では無料で利用できるWi-Fiスポットもかなり多くなっているのでそれを上手に
利用できるライトユーザーならお得に利用できるようです。

 

 

でも電車の中やどこでもスマホを利用しているようなヘビーユーザーには安くならず
速度制限の条件が厳しいために使いにくい印象です。

 

 

しかも料金の差が激しいので安くしたい時にはかなり注意が必要になります。

 

 

30MBという少ない通信量を超えると390円から一気に2,550円に月額料金が
跳ね上がってしまいます。

 

 

月額料金を安くしたい時には使いすぎのリスクがとても大きくなります。

 

 

確かに月間パケット通信総量の上限がないのは魅力的ですが、1日の制限量が
厳しいために無制限の恩恵を感じることはほとんどありません。

 

 

無制限プランのほうが使いやすい、と考えた時にも一度解約する手間がかかり
あまりスムーズに乗り換えができるというわけでもありません。

 

 

ほとんどスマホを使わない人が安くスマホを持っていたい、という時には
オススメできますが・・・

 

 

1日100MBの利用をせずに毎日パケット通信総量を気にせずにスマホを
使いたいという方にはおすすめできるプランです。

 

 

■他の格安SIMの段階定額プランは?

 

・ 細かく設定されているプランもある
・ 使わない日が多いならかなりお得に出来るプランも

 

 

ではぷららモバイルLTE以外で提供されている段階定額プランを見てみます。
多くのところでは二段階以上の細かい設定がされていました。

 

 

ぷららモバイルLTEと同じ二段階定額プランがあるのがU-mobileです。
こちらはダブルフィックスという名称で提供されていました。

 

 

月1GBまでなら680円、それを超えて3GBまでが900円という料金です。
通常の3GBプランに比べても月額料金が安いのが特徴的です。

 

 

680円で利用できる容量も1GBと大きめなので普段からあまり使わない人なら
十分に低料金で利用できると思います。

 

 

かなり細かく条件設定されているのがb-mobileとFREETELです。

 

 

1GBずつで料金が変わるのがb-mobileで、1GBまでは500円、以降750円、1,000円
1,250円、最大の5GBは1,500円となっています。

 

 

FREETELの場合はちょっと変則的ですが100MBまでは299円、1GBまでが499円
3GB900円、5GB1,520円、8GB2,140円、10GB2,470円となっています。

 

 

普段からあまりスマホを使わない、たまに使った時でも使いすぎを気にせずに
安くすることが出来るというメリットはこちらのほうが高く感じました。

 

 

■二段階定額プランを使うならWi-Fiを上手に利用するのが良い?

 

・ Wi-Fi通信はパケット通信総量に含まれない
・ 持ち運びができるWi-Fiルーターはお得?

 

 

二段階定額で月額料金を安くするためにはパケット通信をしないことです。
でもそれではスマホを使うことが出来ないということになってしまいます。

 

 

でもパケット通信にカウントされずに利用できるWi-Fi通信をメインに使えば
パケット通信総量を抑えることが出来るのです。

 

 

最近ではファーストフード店やコンビニ、カフェなどでもフリーのWi-Fiスポットが
多くなっています。

 

 

これを上手に利用すれば二段階定額プランの低料金帯で使い続けることも可能です。

 

 

ただしWi-Fiスポットはその店舗や近くのエリアでしかつなぐことが出来ません。
そこで持ち運びができるWi-Fiルーターを考えてみました。

 

 

モバイルルーターを使えば屋外でもスマホのWi-Fi接続が可能になります。
スマホが最低料金のままなら月間のコストはそれほど変わらないのでは?

 

 

モバイルルーターのサービス内容を確認してみましょう。

 

 

■Yahoo! WiFiのモバイルルーターは使いやすい?

 

・ 無制限プランは利用できる条件が厳しい
・ 最安値クラスプランは月額料金が安くおすすめ

 

 

まずはワイモバイル回線の提供をしているYahoo! WiFiのプランを見てみます。
こちらでは無制限プランと業界最安値クラスプランの提供があります。

 

 

無制限プランは月間パケット通信総量の上限がなくなるプランです。
でも直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると速度制限がかかります。

 

 

それと無制限で利用できる地域が今はまだかなり狭く、ルーターの設定なども
変える必要が有る為にかなり使いにくい印象です。

 

 

でも業界最安値クラスプランはその名前のとおりに月額料金2,480円という
かなり安い金額でモバイルルーターを使うことができます。

 

 

月間パケット通信総量は7GBと制限がありますが頻繁に動画を見ている
という方以外なら7GBあれば十分にネットを楽しむことができます。

 

 

ワイモバイル回線を使えるので全国的にもかなり広い地域でネット接続ができます。
旅行や出張でも安心して利用できるのは大きなメリットです。

 

 

ライトユーザーならスマホを二段階定額にして全てのネット接続をモバイルルーターで
行っても1ヶ月7GBはかなり余裕を持ってネットを楽しめると思います。

 

 

Yahoo! WiFiを使うなら業界最安値クラスプランがおすすめです。

 

 

■ヘビーユーザーにはWiMAX2+がおすすめ

 

・ ギガ放題プランなら月間パケット通信総量の上限なし
・ 月額料金は高めなのでランニングコストに注意

 

 

どこでも動画を楽しみたい、というヘビーユーザーには無制限プランのある
WiMAX2+をおすすめします。

 

 

WiMAX2+で提供しているギガ放題プランは月間パケット通信総量の上限なし
というプランです。

 

 

ただし完全無制限ではなく直近3日間で3GB以上の通信をすると速度制限を
かけられてしまいます。

 

 

でもWiMAX2+の魅力は速度制限がかかっても下り最速6Mbpsの通信速度が出ることで
普通にインターネットを楽しむためにあまり問題がありません。

 

 

通常の通信速度が220Mbpsなので確かに速度は遅くなっていますが、一般的にネットを
快適に利用するために必要と言われているのは3Mbps程度の速度です。

 

 

つまりWiMAX2+なら速度制限されていてもほとんど問題なくネットが出来るのです。

 

 

高画質動画の再生でも4Mbpsの通信速度があれば問題ありません。
通常画質なら1Mbpsでも十分に動画を楽しむことができます。

 

 

ただWiMAX2+のギガ放題プランは月額料金が4,300円程度します。
プロバイダによって多少料金が変わりますが4,000円を切る金額はありません。

 

 

キャンペーンを使って1年間は安くなりますが、それを過ぎると月額料金が
固定回線とあまり変わらなくなってしまいます。

 

 

動画をいつでも楽しみたい、というヘビーユーザーなら多少金額が高くなっても
WiMAX2+が使いやすいと思います。

関連ページ

WiMAX2+とぷららモバイルLTEを比較するとどっちがおすすめ?
無制限で使えると評判のぷららモバイルLTEは使いやすい?
実測されるスピードはどれ位?ぷららモバイルLTEの定額無制限プランの実力
格安SIMは通信速度がでない?ぷららモバイルLTEの通信速度は?
支払い方法によって申し込み方が違う?ぷららモバイルLTEの場合は?
固定回線の代わりにぷららモバイルLTEの無制限プランを使える?
ニコ生などの配信動画をみるのにぷららモバイルLTEは使える?
無制限プランが使えるぷららモバイルLTE、固定回線の代わりになる?
遅いと言われているぷららモバイルLTEの無制限プランの通信速度とは?
無制限プランのぷららモバイルLTEを使ってテザリングをする方法は?
Youtube再生はぷららモバイルLTEの無制限プランで快適にできる?
大手掲示板サイト2chでのぷららモバイルLTEの無制限プランの評判は?
夜の通信速度、ぷららモバイルLTEはどれ位変わる?
楽天モバイルとぷららモバイルLTEの定額無制限プランはどっちがオススメ?
モバイルルーターにぷららモバイルLTEの定額無制限プランのSIMは使える?
銀行引き落としでぷららモバイルLTEの両料金の支払が出来る?
自宅回線の代わりにぷららモバイルLTEの無制限プランを利用できる?
口座振替でぷららモバイルLTEに申し込みをする方法は?
口コミで多く見かける欠点がある?ぷららモバイルLTEの無制限プランとは?
格安SIMの使いやすさを徹底検証、ぷららモバイルLTEは快適?
クレカ無しの人でもぷららモバイルLTEの格安SIM契約はできる?
使っている人から苦情が出る?ぷららモバイルLTEのデメリットとは?
お得に利用できるキャッシュバック特典、ぷららモバイルLTEでも利用できる?
ネットなどの口コミ評価でみるぷららモバイルLTEの評判は?
キャンペーンコードを使ってぷららモバイルLTEに申し込むとお得になる?
人気ブラウザゲームの艦これをプレイするのにぷららモバイルLTEは使える?
遅すぎると言われるぷららモバイルLTEの通信速度って?
動画を見るのにぷららモバイルLTEの定額無制限プランは使える?